理想の働き方を叶えるキャリアアップ

ナースとして医療現場や介護現場で働いていると、時間外労働や不規則な労働時間に苦労しがちです。女性の場合には特に家事や育児とバランスを取るのに苦労する人が多く、それでもなお働きたいと考えると、職場を再考する必要が生じます。

キャリアアップによる実現の方向としてよく考慮されるのが、公務員となる道です。看護師資格や現場での経験を活かして働いていく道としては、行政保健師として働くのが典型的でしょう。
公務員になる魅力は原則として定時勤務で働けることで、残業をしないのが当然という職場の状況があります。週休二日制で土日に必ず休めるだけでなく、有給休暇の消化も推奨されているのが一般的なのが魅力的な点です。
一般的な企業に勤めている夫とも生活リズムが合わせやすく、円満な家庭生活を送りやすいでしょう。

しかし、その目標を叶えるには、保健師の資格の取得が重要になります。
必ずしも必須ではないとされているとはいえ、競争の厳しさを考えると、取得しておくべきなのが実情です。
それに加えてもっと切実なのが、タイミングを見計らう必要がある点でしょう。
絶対数が少なく、欠員が出なければ採用されないのが行政保健師の特徴であり、キャリアアップができるタイミングがないかどうかと常に意識していなければなりません。看護師から行政保健師になるためにはタイミングが最も重要な要素であり、その機会を失わないために保健師に資格を取得しておく必要があります。